BOOK&

小説、エッセイ、たまに哲学。マイペースに読み進めてます。

夏の網走→知床

7月最初に北海道へ行ってきました。

メインは知床半島で、4泊5日の旅程を組みました。

 

ちなみに、出発1週間前に予定してた飛行機が欠航となり、ルートを組み直して以下の旅程となりました。レンタカーは全て夫運転でした。ありがたや。

 

<旅程>

 

1日目:女満別空港→網走(空港バス)

2日目:網走→知床へ移動(レンタカー借りて移動)

3日目:知床観光

4日目:知床→網走へ移動(レンタカー返しに戻る)、網走→釧路へ移動(電車ー釧網線

5日目:釧路→釧路空港(空港バス)

 

周りもネット上の意見も自粛だよねっていう中、ついにその日はやってきた。飛び立つ直前の機内で小池都知事の「不要不急の外出をやめましょう」ニュースが流れてきた。

 

なかなかお互いの休みを合わせることができないのと、この状況は年内変わらなさそう(旅行しやすくなることはない)と判断し、このタイミングに。

 

土曜の夕方の便で羽田から女満別空港へ飛び、網走のビジネスホテルで1泊後、レンタカーにて知床へと向かったのだった。

 

というわけで、これは2日目の朝の網走駅です。晴れてよかった。

 

f:id:jelly-in-the-merrygoround00:20200720164204j:plain

 

ちなみに時差もないのに早朝4時に目が覚め、ひとり港まで散歩して出発時点ですでに疲れていた。

 

f:id:jelly-in-the-merrygoround00:20200724234907j:plain

 

司馬遼太郎の「街道をゆく38 オホーツク街道 」で予習していたモヨロ貝塚にも足を伸ばしたものの、まだ開館してなかった。

 

貝塚だから誰でも見れる場所にあると思い込んでたら、ちゃんと施錠された門の中で管理されておりました。欝蒼とした木立に囲まれており、外からは何も見えなかったよ。。

 

さて、知床のウトロ港には夕方着いて宿にチェックインすればよかったので、気になる場所に立ち寄りつつ車で向かいました。

 

まずは、夫が行きたがっていた神の子池へ。

 

こういう森の中の塗装されてない道を10分くらい進むと駐車場があり、そこから池まではすぐ歩いていけます。

 

f:id:jelly-in-the-merrygoround00:20200724235015j:plain

 

 

 

神の子池をぐるりと囲む遊歩道があるので、みんなそこから眺めつつゆるゆる歩いて出口に向かって進む感じでした。休日のせいか人はそれなりにいたため(10~15人くらい?)、隠れ家カフェに行ったら人気店だった、というような気持ちを味わった。

 

鳥や虫の声、ひんやりとした涼しさもあって、マイナスイオン空間でした。

 

きれいなブルー!

澄んだ池の中をオショロコマシっていう珍しい魚が泳いでいて、池の底に魚影がくっきり映っているのが透明度をあらわしていた。

 

f:id:jelly-in-the-merrygoround00:20200724235724j:plain

 

せっかくなので摩周湖

 

距離は近くても道路は迂回してるようで1時間くらいかかったかな。

第二展望台にご飯食べるところがあったのでナビを設定して、山道をひた走る。

 

f:id:jelly-in-the-merrygoround00:20200720164311j:plain

 

f:id:jelly-in-the-merrygoround00:20200720164319j:plain

 

味噌ラーメンとじゃがチーズでおなかを満たし、お次は羅臼

 

ドライブ時間長いため、標津サーモンパークでトイレ休憩

時間がないので科学館の展示まで見れなかったのが心残( ´-`)

 

優しいお兄さんが水槽の生き物を触らせてくれたこと、忘れない。

ちょうど建物前でこのあたりの魚やドジョウを触れる展示をやってて、アラサーの我々にも声をかけてくれた。

 

また、北海道大学と共同でチョウザメの養殖実験をしているらしく、水槽がパーク内に設置してあった。ひとつずつ覗いて観察したところ、体のサイズ別に小サイズ、中サイズ、大サイズと分かれているようだった。

 

最初、何がいるんだろうね、くらいの気持ちで小サイズの水槽を覗きこむと、エサの時間と勘違いされたのか、急にチョウザメ(小)たちが水面を破って飛び出してきて本気で怖かった。

 

写真は大サイズ。大人?

 

f:id:jelly-in-the-merrygoround00:20200720164333j:plain

 

道の駅に車を停めて、オホーツク海に浮かぶ北方領土国後島を眺めた。

ちなみに海岸線を走ってると車からずっと見える。

 

そして、ついで買いしたおしゃぶり昆布の素朴な美味しさにハマる。

 

f:id:jelly-in-the-merrygoround00:20200720164335j:plain

 

ここから知床横断道路へ

 

知床峠

 

f:id:jelly-in-the-merrygoround00:20200720164344j:plain

 

 

そして、何とか日暮れ前にウトロへ到着。

チェックインして、宿の周りをぶらぶら。

今回泊まったのは「北こぶし知床 ホテル&リゾート」というお宿で、海が見えるお部屋にしたこともあり、とてもよかった。

 

ゴープロのデフォルトが広角モードのようで、普通の景色も無駄に遠近を強調している。

真ん中の岩がゴジラ岩といって、ゴジラみたいな立ち姿をしている岩。

 

 

f:id:jelly-in-the-merrygoround00:20200720164357j:plain

 

 

 

f:id:jelly-in-the-merrygoround00:20200720164404j:plain

 

オロンコ岩から見た夕陽。

 

淡いグラデーションが空と海面に広がって、色合いを変えていく様子はこの世にいるとは思えない美しさだった。死んだんじゃないかと思うほど、天界めいたものがあった。

 

シャッターを構えているカップルがいたり、ほかにも人がやってきたりと有名な夕陽スポットのようでした。ここはぜひ訪れてほしい場所です。

 

翌日は、知床観光ということで、トレッキングと観光船に乗りました。

また書きます。