BOOK&

小説、エッセイ、たまに哲学。マイペースに読み進めてます。

知床→網走→釧路(旅の完結)

7月の北海道旅行が途中で終わっていたので、完結させたい。

1日目:ルートとしては知床→網走まで観光しつつレンタカーで向かった。

そして、網走にてレンタカーを返し、釧網線に乗って釧路までゴトゴト揺られた。

2日目:釧路に泊まって、釧路空港から午後の便で羽田に戻った。

 

まず、知床のオシンコシンの滝

小型船ツアーで滝をたくさん見ていたため、正直感動が薄かった。

 

f:id:jelly-in-the-merrygoround00:20201024101513j:plain

 

車を走らせていると、小清水原生花園というスポットを発見したので、車から降りてぶらぶら。馬が草を食んでいた。のどか。

続きを読む

iPadを買いました(第8世代だよ)

先日、iPadを買いました。

 

以前から夫のiPad(調べたら第5世代だった)を自分のものかのように使ってアマゾンプライムを観たりしていたのですが、自分専用機があると便利だなぁと思い始めた。

家電雑誌やネット記事を読んでるうちに「iPad第8世代は前モデルから大きな変化はないが、コスパがよい」、「CPUの処理能力25%アップ」ということを知り、もう買うしかない!と決めた。

でもこれは、とにかく欲しい!→買うもっともな理由を探す、っていう流れですね笑

 

ちなみに、2020年9月に発売されたiPadか11月発売予定のiPadAirのどちらにするかで1週間くらい悩んだ。AirはA14 Bionicチップ搭載と最新チップが体験できる点、物理的なホームボタンがなくオールディスプレイというのにワクワクした。ただ、結局価格がiPad約4万円に対してiPadAirは約7万円ということで、3万円を追加で出すほどではないなという結論に達した。

 

<自分用が欲しかった理由>

 

・使いたい時にネットフリックス、アマゾンプライムを視聴

画質がよくなった気はしますが、4Kとか映像技術が違うものではないので第5世代からの劇的な変化は感じませんでした。

楽天マガジンをスマホ→雑誌サイズで読む

視力が落ちてきていて、その理由にスマホで小さい字を必死に読んでるのもあるかと思い、タブレットサイズで読みたいと思った。これは読みやすく、写真も大きくてとってもいいです!

・ルーズリーフ+ペン→メモ帳+スタイラスペン

便利です。

ページ数を気にせず、どんどん書き出していけるのとスタイラスペンの書き心地がいいので楽しい。

パスワードがかかるからちょっと席を離れるときも人に見られない点もメリットです。

 

これまで仕事で考えをまとめたり図で整理したい時、無地のルーズリーフに消せるボールペンで書いていたのですが、使用後の紙をシュレッダーする手間や外出先でささっと書きたい時もあったので、メモ帳の電子化を思いついた。

 

心してアップルペンシル(1万円……)を買おうと検索したら中国の3千円くらいのスタイラスペンが検索に出てきてレビューもよかったのでそれを買ったよ。

 

店頭で試したアップルペンとほぼ同じ書き心地で、満足。

しかし、レビューがやたら多く、高かった理由は、商品に同封されていた「レビューすると1500円ギフトカード」効果があるかもしれないです。

わが家のごはん事情

今のところの最善解を書いてみます。

なお、30代の夫婦2人で、平日1食はコンビニ飯や外食などで各自済ませてます。

現在はもっぱら在宅勤務なので残り物をぱぱっと食べる日々です。

 

  • 食材はまとめ買い、調理はシンプルに
    •  
  • 麺類や保存食、冷凍食品ストックの活用
  • 米+お惣菜
  • やる気が出ないときは外食

 

 別財布制につき、スーパーでの食材費は私が負担していて、3万円以内を目標としつつ4~5万円になりがち。あらためてがんばりたい。ふるさと納税を活用したり。

 

食材はまとめ買い、調理はシンプルに

 

数日分のレシピを決めて、週2回程度のまとめ買い。

週末買い出しから数日後、残った食材を使える次のレシピを決めて買い出しへ  

 

トマト+モッツァレラやアボカド+レタスなどの混ぜる系サラダ、汁物、魚の切り身焼きなど加工の手間が少なく栄養価の高いものを目指す。

さらにもずく、豆腐、フルーツなどを投入し、調理自体は1~2品程度にとどめる。

 

作りたいレシピはグーグルキープメモで一覧にしておき、レシピを決める際にスマホで見返す。これによってレパートリーを思い出す手間が省ける。

 

あとは楽天マガジンの料理雑誌などで作りたいレシピ(もちろん簡単なやつ)を見つけて、付せん機能やスクショで保存してます。

 

続きを読む

日帰り秩父


在宅勤務で2日に1回は引きこもっており、自由時間はスマホiPad漬けになっていたため、運動も兼ねて日帰りの旅へ


f:id:jelly-in-the-merrygoround00:20200809091842j:image

 

特急ラビュー号が快適だった。

 

窓が足元近くまであって景色がよく見えるのと、ビビッドな黄色が気分を上げてくれた。

 


f:id:jelly-in-the-merrygoround00:20200809092040j:image

 

西武秩父駅秩父鉄道御花畑駅に乗り換え、そこから2駅の浦山口駅で下車

 

不動の湧き水という看板見つけて、行ってみた。

水を汲んでるご夫婦とライダーの先客がいました!

土壌に含まれる石灰が溶け出してるらしい。

 

言われてみると確かにミネラルな味がして、帰ってコーヒー淹れてみたら美味しかった。持ってたペットボトルに入れて持ち帰りました。

 


f:id:jelly-in-the-merrygoround00:20200809092131j:image

 

橋立鍾乳洞へ

 

想像してたのと全然違った( ・д・)

 

中はひんやりなのだけど、天井低いから基本中腰移動な上に、はしご階段登ったりでアップダウンもかなりある。探検という言葉がぴったり。

出る頃には汗をかいてるという。何しにきたんだ笑

 

帰宅して調べたら縦穴タイプの鍾乳洞で全国的にみても珍しいタイプのよう。

 

中は写真禁止でした。

 

食後は土津園でお蕎麦をいただきました。観光地にある、趣のあるお店好きです。


f:id:jelly-in-the-merrygoround00:20200809092659j:image


f:id:jelly-in-the-merrygoround00:20200809092746j:image

 

その後、すぐそばにあるカフェへ

席の感覚や消毒など、こちらもコロナ対策されておりました。


f:id:jelly-in-the-merrygoround00:20200809092759j:image

 

甘夏SP 900円を注文

 

かき氷×レモンシャーベットでさっぱり

 

屋外のワイルドなカウンター席は、目の前に鍾乳洞がそびえ立ってるのはいいのだけど、暑かった。

夫はワンオンワンというアイス2種盛りを頼んだので、分けてもらったら、濃厚で美味しい!!

かき氷よりアイス推しです。


f:id:jelly-in-the-merrygoround00:20200809092920j:image

 

帰りは違うルートを歩きたかったので影森駅を目指してぶらぶら歩いてみたら、昭和の雰囲気残る住宅地であった。

 

西武秩父駅前の温泉施設で汗を流してすっきり。露天風呂の壺湯よかった。

 

池袋戻ってきたら、涼しい。東京の夜は秩父の昼より涼しいと知った日だった。

 

夏の知床観光(トレッキングや観光船)

いよいよ旅のメイン、知床の日です。

晴天に恵まれ、ふだんは意識していない神様に感謝した。

 

この日の予定は、午前中:知床五湖のトレッキング、午後:ウトロ港から出る観光船乗船というもの。

 

どちらのツアーもマスクや消毒などコロナ対策されてました。

 

トレッキングは知床オプショナルツアーズSOT!の「知床五湖ガイドツアー」に申し込みました。朝の9時スタートにつき、8時半ごろに北こぶしロビーで待ち合わせし、車でトレッキングコースまで送迎していただきました。

 

 http://www.shiretoko.info/

 

 

ヒグマが出るため、専門のガイド付きでないと、トレッキングコースは歩けないようになってます。

これ、現地に行ってようやく理解できた。専用の入口があるので、勝手にコースに入れない作りになっていた。

 

f:id:jelly-in-the-merrygoround00:20200725003750j:plain

 

ガイドさんからヒグマ講習受けて、いざトレッキング(*^^*)

 

ガイドの鈴木さんはガイド歴が長く、ヒグマや鳥、湖の生き物、森の新陳代謝など説明が聞けて、質問にも何でも答えてくれた。後日ヒグマの説明が大半だったね、と夫に言うとそりゃ知床だからでしょ、という回答が返ってきてそうだなって。

 

ヒグマが出たらトレッキングは中止になることもあるみたいで、数日前は中止となったらしい。そして例年よりお客さんは少ないとのこと。

 

こんな感じで緑豊か。虫よけスプレーのおかげか虫さされ等はなし。

 

f:id:jelly-in-the-merrygoround00:20200725004317j:plain

 

アップダウンもほぼなく、とても歩きやすいコースだった。

 

日常的にまあまあ歩いてる人なら特に苦労なく回れる距離かと思います。登山と比べると本当にラクだし、説明のために立ち止まる=休憩にもなった。ただ、ステイホームで体力落ちてて、最後バテた。

 

続きを読む

夏の網走→知床

7月最初に北海道へ行ってきました。

メインは知床半島で、4泊5日の旅程を組みました。

 

ちなみに、出発1週間前に予定してた飛行機が欠航となり、ルートを組み直して以下の旅程となりました。レンタカーは全て夫運転でした。ありがたや。

 

<旅程>

 

1日目:女満別空港→網走(空港バス)

2日目:網走→知床へ移動(レンタカー借りて移動)

3日目:知床観光

4日目:知床→網走へ移動(レンタカー返しに戻る)、網走→釧路へ移動(電車ー釧網線

5日目:釧路→釧路空港(空港バス)

 

周りもネット上の意見も自粛だよねっていう中、ついにその日はやってきた。飛び立つ直前の機内で小池都知事の「不要不急の外出をやめましょう」ニュースが流れてきた。

 

なかなかお互いの休みを合わせることができないのと、この状況は年内変わらなさそう(旅行しやすくなることはない)と判断し、このタイミングに。

 

土曜の夕方の便で羽田から女満別空港へ飛び、網走のビジネスホテルで1泊後、レンタカーにて知床へと向かったのだった。

 

というわけで、これは2日目の朝の網走駅です。晴れてよかった。

 

f:id:jelly-in-the-merrygoround00:20200720164204j:plain

 

続きを読む

静かな古都の日暮れ

気づけばひさしぶりの投稿です。

6月19日から県をまたぐ移動が解禁されましたね。

 

解禁の少し前、用事ついでに清水寺あたりに立ち寄ってみました。京都駅からバスに乗って坂の下に降り立ったものの、時刻は19時前で清水寺もお店もすでにクローズ。

 


f:id:jelly-in-the-merrygoround00:20200623123912j:image

 

お寺の前には警備員さんたちがいました。


f:id:jelly-in-the-merrygoround00:20200623123953j:image

 

こちらは二寧坂


f:id:jelly-in-the-merrygoround00:20200623123932j:image


f:id:jelly-in-the-merrygoround00:20200623124023j:image

 

すれ違う人といえば、犬のお散歩をする地元の方や若者グループ数組。

 

歩くくらいしかすることがなく、清水寺→二寧坂→ねねの道→祇園四条河原町まで歩きました。トータル1時間くらい。

 

人通りが少ない上に、日暮れから薄闇へと変わっていき、怖さがだんだんと増し、早く京都駅にたどり着きたい思いでいっぱいになってきた。

 

訪日客99%減少、国内の移動自粛って、騒いだり食べてたりカメラ持ってる人がいないってことなんだね。こんなにも景色を一変させることを五感で知った。

 

川端康成の「古都」の世界を体験できた気がしてます。当時は実際どれくらいの人出だったのかな。

 

夜の四条河原町はたくさんの人が行き交い、鴨川には若者が等間隔に座っておりました。