BOOK&

小説、エッセイ、たまに哲学。マイペースに読み進めてます。

河本薫「最強のデータ分析組織」

 

・分析者の守備範囲は、データ分析で終わらず「業務改革」まで立ち会う。

結果責任と説明責任はトレードオフの関係にある。

簡単なモデルは説明しやすいが精度が低い可能性があり、ブラックボックスなら的中率80%を超える予想ができるとき。説明責任は果たせないが、それを選んだ結果責任は分析者にあるという、

・現場担当者に業務を学び、教えを乞う姿勢

・新サービス創出にはデータ分析とは異なる能力がいる。

データ分析はデータから「情報価値」を見いだせるが、それを「サービス」にしていく力は別のもの。

 

”負け戦”に挑まない

①現場担当者の本気度が足りない。

②どれだけ頑張っても得られる効果が小さい。

③素晴らしい予測をしても行動できない。

 

 ③は家庭用のガス器具の故障予測ができたとして、「そろそろ故障しそうなのでメンテナンスを」というお知らせはしにくいということ。

 

 

最強のデータ分析組織 なぜ大阪ガスは成功したのか

最強のデータ分析組織 なぜ大阪ガスは成功したのか

 

 

きちんとした大きな組織でたくさんの課題があり、優秀なリーダーと人材がいたから成功したんだなということがわかる本だった。

 

これを真似することは難しいんではないかと思った。プロジェクトXを観てるときと同じ気持ちになる本。大阪ガスという会社の中でいかに河本さん率いるデータアナリシスセンターを存在感あるものにしていったかという話。

 

私もデータ分析の世界にいるといえばいるけど、すごく狭い領域かつ自分のスキルが低いということを痛感した。真の分析は交渉力や社内政治、数字として結果を出すということが伴うと知る。