BOOK&

小説、エッセイ、たまに哲学。マイペースに読み進めてます。

山田宗樹「百年法」

いやー、面白かったです!

上下巻一気読みでした。

 

 

百年法 (上) (角川文庫)

百年法 (上) (角川文庫)

 

 

まずこの設定にワクワクします。

原爆が6発落とされた日本。敗戦の絶望の中、国はアメリカ発の不老技術“HAVI”を導入した。すがりつくように“永遠の若さ”を得た日本国民。しかし、世代交代を促すため、不老処置を受けた者は100年後に死ななければならないという法律“生存制限法”も併せて成立していた。そして、西暦2048年。実際には訪れることはないと思っていた100年目の“死の強制”が、いよいよ間近に迫っていた。経済衰退、少子高齢化格差社会国難を迎えるこの国に捧げる、衝撃の問題作。

 

 

HAVIという不老技術を受けると、受けた時から体は年を取らないから、20代の若さで中身は98歳の女性、というのがごく普通にある社会なんです。

 

100年後には死なないといけないという「生存制限法」を巡って、政治が大いに絡むのも見どころで、まさにこの権限があれば権力を手中にしたも同然なわけで、大義名分と死の怖さのせめぎ合いが描かれるんですが、リアリティーがすごい。

 

例えば、国益があると大統領が認める人には特例として死を免れられるとか、これ実際に起こりそうな展開ですよね。

 

そして、不老って全然ハッピーじゃなくて、終わりのない日常が続いて停滞感が生まれ、退職する世代がずっと現役に居座るためポストに空きが出ず若者の不満は募り…。

成熟せずに、ただ老いていく、といった表現がされていた。

かと言って、死ぬ時期(苦痛がない方法です)が近づくと不安定になったり逃げる人も出てきます。「拒否者」と呼ばれるムラがいくつかでき、支援する人も現れ、これが救いなのかと思いきや、これも体制側から目をつけられ、どうオチをつけるのか全く読めず。

 

最後の最後で、どんでん返しが起こり、すっきりまとまるもちょっと禁じ手?と思ってしまった。

 

限りある命、しかもいつ終わるかわからないことの幸せを思う。