BOOK&

小説、エッセイ、たまに哲学。マイペースに読み進めてます。

ウェルズ「タイムマシン」

タイムマシン (光文社古典新訳文庫)

タイムマシン (光文社古典新訳文庫)

たまには世界の名作を手に取ろうと思い、借りてきた。

しばらく読む気が起きなかったものの、読み出すと一気に読めた。

タイムトラヴェラーが集まった知り合いたちに未来で見たものを語るという構成。

タイムトラヴェラーはバック・トゥ・ザ・フューチャーの博士みたいな研究者。

80万年後の地球、けっこう暗い。

地上に住む貴族的なイーロイ人と地底で活動するモーロック人に分かれていた。

モーロン人が映画ロードオブザリングのゴラムを思い出させる気持ち悪さだった。

2種類に分かれた理由が階級格差に由来していて、実に怖い。

タイムマシンで時空を移動するとこやマッチの炎でモーロック人と格闘するとこなんかありありと映像が浮かんでくる。

読後感はSFエンタメで、読まず嫌いはあかんなと改めて思った。