BOOK&

小説、エッセイ、たまに哲学。マイペースに読み進めてます。

川端康成「山の音」など

山の音 (角川文庫)

山の音 (角川文庫)

力の抜け加減が絶妙で、名文とはこういうものだと知る。

晩年の作品な上、主人公は60代の男性なので全然ガツガツしてないんです。
昭和の当時は引退モードだったのかな。

性欲とかもあってはならん、という年だったのかなと。

同居している、息子の嫁の菊子への思いを....と言うような文庫裏の解説でエロかと思ったら慈愛に近い感情だった。

息子が女癖悪くてダメダメなやつなのだけど、たまに甘えたり外の女には本気にならないなどうまくやっている。

自然に話が始まり、何てことないシーンでスーッと団欒の場からカメラを引いてくような。

このデジャヴ感..........小津映画の秋刀魚の味

愛する人達 (新潮文庫 (か-1-4))

愛する人達 (新潮文庫 (か-1-4))

愛する人たち」

こちらも晩年の作品。

変わった人ばかり出てくる短編集。
割り切れない人の心理を丁寧に追うものでした。

伊豆の踊子 (角川文庫)

伊豆の踊子 (角川文庫)

今さらですが、伊豆の踊子も読んでみました。
昔挫折したけどこの流れならいけると思い。

わ、若い!!

才気と自意識がほとばしっていて、おなかいっぱいに。あえて進展させないのが美学?

処女性が美しさにつながってるってことだと勝手に解釈。男性の理想を押しつけられてるようで、気持ち悪く感じた。