BOOK&

小説、エッセイ、たまに哲学。マイペースに読み進めてます。

ジェイムズ・P・ホーガン「星を継ぐもの」

 

ハードSFの巨星が一世を風靡した歴史的傑作。星雲賞受賞。

月面調査隊が真紅の宇宙服をまとった死体を発見した。すぐさま地球の研究室で綿密な調査が行なわれた結果、驚くべき事実が明らかになった。死体はどの月面基地の所属でもなく、世界のいかなる人間でもない。ほとんど現代人と同じ生物であるにもかかわらず、5万年以上も前に死んでいたのだ。謎は謎を呼び、一つの疑問が解決すると、何倍もの疑問が生まれてくる。やがて木星の衛星ガニメデで地球のものではない宇宙船の残骸が発見されたが……。

 

 

星を継ぐもの (創元SF文庫)
東京創元社 (2014-12-12)
売り上げランキング: 1,370

 これがハードSFなるものかと理解。wikiで調べたところ、もともとハードSFありきのようです。天文学・物理学など論理的な知識の裏付けに基づいて展開していくもの。

ソフトSFはエンタメ寄りの「ドリームバスター」とか?

 

宇宙を旅するでもなく、ハント博士とダンチェッカー(生物学者)を始めとする各界の学者たちの議論と報告で人類の起源を解き明かす。頭使った。。糖分欲しくなる系文学。

 

木星の衛星ガニメデと月の死体、人類の進化のミッシングリンクの3つがすっとつながったとき、幕引き。1回目で理解できなかったのでもういっかい要所をじっくり読み直した。SFほとんど読んだことないので、昔の本ながら新鮮でした。

 

梟書茶房さんにてタイトル・作者などわからないシークレットブックで買ったのですが出会えてよかったです。自分からは手に取らなかったと思う。