tunamayoの日記

小説、エッセイ、経済書を中心に日々こつこつ。積読との戦い。

森沢明夫「きらきら眼鏡」

草食系男子のモテ方を地でいく主人公でした。

心に傷があるから周りのことによく気づける。とにかく優しい。これは惚れる。

 

都内で営業として働く明海くんが古本屋さんで1冊の本を買ったところ、「大滝あかね」という名刺が挟まっていて・・・・。

 

ボーイミーツガール。あかねさんにはある事情があって、明海くんはあかねさんに告白もできないまま距離だけが縮まっていく切なさ。西船橋住みという共通点、コーラがツールになるという驚き、名前の由来につながる明海くんの地元へのドライブ。

タイトルの由来はすぐ明かされるので、ここでは触れずとします。

 

しかし、あかねさんの振る舞いは友情にしては一線を越えてるような。こんな状況でドライブいいのか。。同性の目から見ると、魔性だなぁという気もした。笑顔がペコちゃんみたいで、ときどきか弱いなんて反則だ。

 

 

きらきら眼鏡
きらきら眼鏡
posted with amazlet at 17.10.08
森沢 明夫
双葉社
売り上げランキング: 77,213