読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

tunamayoの日記

小説、エッセイ、経済書を中心に日々こつこつ。積読との戦い。

よしもとばなな「アナザー・ワールド 王国 その4」

昔からのよしもとばななファンにより響く。

風変わりな境遇の主人公片岡ノニがミコノス島で運命の人に出会った~というウルルン調の話。

王国その4ってあるわけだからその前の物語がしっかりあったんだよね。一部読んだことあるけどすっかり忘れていたので、はじめましてのその4との出会い。

 

運命の人っていうのがまた不思議な人。

<猫の王国の女王様>と死に別れた哀しみの家来ニノという男性。

このへんはファンタジーじゃなくてしっかり裏付けされる現実があってニノさんええ人だなぁと感じる重みがあって。

 

病弱な占い師であったパパ、パパ2と薬草茶を作る自由でのびのびしたママのふつうではあり得ないようなトライアングルがよしもとばななワールドにあっては何の違和感もなくて、またこの世界に帰ってこれたなという気持ちになった。

 

子どもが生まれてからの安定した作風もよいのだけど、中学のときに「哀しい予感」でしびれてしまった派としては不安定な中の妙なバランスっていうテーマ、うつろうものを描いた作品にやっぱりぐっときてしまう。なので、この作品好きです。

 

 

アナザー・ワールド―王国〈その4〉 (新潮文庫)
よしもと ばなな
新潮社 (2012-10-29)
売り上げランキング: 297,621