tunamayoの日記

小説、エッセイ、経済書を中心に日々こつこつ。積読との戦い。

伊坂幸太郎「砂漠」

砂漠ってひとことで言うと、「社会」のことだった。

学生時代をオアシスとして思い出すなかれっていう

大学の卒業式の学長のあいさつにもあるよう、

これから出ていく世界のこと(学生目線で!)

 

仙台の大学生4人の、平凡と見せかけて全然平凡でない

学生生活の春夏秋冬。さらさらと読める。

 

「大統領か?」って夜の街で通行人を締上げるプレジデントマン

だったり、ホストだったり、キャラ濃い人物が伏線の香りを残していくんだけど

けっこうあっさり換気され、卒業を迎える。

 

うーん、なんだか高まった期待がほかの作品に持ち越されたまま

終わってしまった。。

 

個人的に鳥井君が好き。少し世間とずれているんだけど、

そのエキセントリックなものの見方で成功しそう。

 

砂漠 (新潮文庫)
砂漠 (新潮文庫)
posted with amazlet at 16.10.09
伊坂 幸太郎
新潮社
売り上げランキング: 9,546