読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

tunamayoの日記

小説、エッセイ、経済書を中心に日々こつこつ。積読との戦い。

夏目漱石「彼岸過迄」

小説

タイトルの由来が力の抜けるものだった件。

「元日から始めて、彼岸過迄書く予定だから単にそう名づけたまでに過ぎない実は空しい標題である」

 

うーん、後期三部作「彼岸過迄」「行人」「こころ」の入り口として手に

取ってみたけど、「三四郎」と同じく印象に残らない。

 

敬太郎という語り手の個性がいまいち掴めないと思ってるうちに、

その友人である須永と千代子の話にいつの間にかシフトしていて

読後のモヤモヤ。