tunamayoの日記

小説、エッセイ、経済書を中心に日々こつこつ。積読との戦い。

原田マハ「楽園のカンヴァス」

ひさびさに自分の中でヒットした小説。
 
MOMAにあるアンリ・ルソー作「夢」をめぐる謎解きと静謐な恋の話。
 
2000年倉敷「第一章 パンドラの箱」がどうNYのMOMAに見えなかったけど、すっと一本の線がひかれていたことが読み終わってわかる。
 
舞台は1983年スイスのバーゼル、謎の絵画コレクターであるコンラート・バイラー所蔵の「夢をみた」がルソーの手によるものか真贋を7日間で見極めるよう言われる。若かりしころの早川織絵とMOMAのチーフキュレーター、ティム・ブラウン。
 
勝者には後見人として絵の取り扱い権利が譲渡されるという。
自身の見識に加え、7章からなる物語を1日1章ずつ読み進め、真贋についてより優れた講評を述べた方が勝者というルール。
 
織絵とティムの静かだけどあふれる絵への情熱、ティムの恋心、「夢」「夢をみた」という同時期に描かれたとおぼしきふたつの作品の謎。物語の中にいる、貧乏生活のルソーとミューズのヤドヴィカ、夫の画商。
ひょうひょうとしたキャラのピカソが画壇に新しい風を呼ぶさま。
 
絵と物語と1983年、2000年がつながる点があって、それがわかったときの驚きがもう。ロマンにつられて倉敷に行きたくなる。大原美術館は一度足を運んだことがある。平日で人は少なく、絵とゆっくり向き合えるひろびろとした空間だったことを覚えている。
 
 
 
 
 
 

 

楽園のカンヴァス (新潮文庫)
原田 マハ
新潮社 (2014-06-27)
売り上げランキング: 2,319