読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

tunamayoの日記

小説、エッセイ、経済書を中心に日々こつこつ。積読との戦い。

川上未映子×穂村弘「たましいのふたりごと」

絵になるおふたり。 「しゃぼん玉」「自己愛」「晩年」「エゴサーチ」などのお題をもとに自由に 話す。 いきなり「1.打擲」(ちょうちゃく)から始まり、自由な空気が醸されておりました。 川上未映子が攻めで穂村弘が受けの卓球を見てるような対談(笑) 「…

森達也「神さまって何?」

自分が死ぬことを知ってしまったから、人は宗教を必要とする。 しかし、これは容易に転換する。 死への恐怖を和らげる宗教のシステムが時として生から死へのハードルを下げてしまう場合がある。 というメッセージに、テロを起こす側の気持ちが100分の1くらい…

白川密成「ボクは坊さん」

ゆるりとした空気感のお坊さんが表紙の仏教エッセイ。 世界で唯一の密教学科のある高野山大学で学び、 四国で祖父のお寺(栄福寺)を継いだ白川さん。 生活と地続きのものとして仏教を落とし込んでいく実践的姿勢にしびれた。地元書店に新卒入社した経歴も異…

原研哉「デザインのめざめ」

短いながら深い見識に裏打ちされていて、ミニマリズムを地でいくエッセイ集。 デザイン考察に興味がある方には同じく原研哉さんの「デザインのデザイン」もおすすめです。 以下、印象に残ったもの。 「割れしいたけの実力」 無印良品がプロ野球チームを持つ…

恩田陸「隅の風景」

旅エッセイ。 旅によって呼び起こされる感情や土地ごとの名所の説明などなど。 いわく、旅とは「予感」を感じにいくものと。サクサク読めた。海外も国内もまんべんなく足を伸ばしていて、ひさしぶりに海外旅行に出かけたくなった。 恩田陸の文章や考え方って…

穂村弘「本当はちがうんだ日記」

安定の文系男子エッセイ。 声を出して笑ってしまうので家の中で読むのがおススメ。 一例を挙げると、 ・飲めない苦いエスプレッソを飲もうとするほむらー ・読まないサンリオSF文庫をコンプリートしようとするほむらー ・「暮しの手帖」を創刊号から70号まで…

服部みれい「あたらしい自分になる本」

あたらしい自分になる本 増補版: SELF CLEANING BOOK (ちくま文庫) posted with amazlet at 16.12.04 服部 みれい 筑摩書房 売り上げランキング: 106,639 Amazon.co.jpで詳細を見る 1.からだからあたらしくなる 冷えとり健康法のこと アーユルヴェーダ 白湯…

酒井順子「気づくのが遅すぎて、」

週間現代に連載してたコラムの書籍化。 ということでめっちゃ文章読みやすくて、時事ネタ多し。 中でも、EXILEの昭和型経営説が最もヒットした。 HIROさんを町工場の叩き上げ社長とみて、コツコツ努力を積み上げてきた方とし、懐刀として立ち上げ初期にとも…

森博嗣「ツンドラモンスーン」

1.現代人が求める「気づき」は「気づきたい」ことでしかない。 100のつぶやき、1個目からすぱーんと。 自分が納得したいものでしか気づかない人の多さを指摘し、 遠いものにこそ「気づき」は大きく価値があるんだよと。 気づきには探索が必要なのに、多く…

糸井重里「忘れてきた花束」

読みやすい。そして忘れたころにまた手に取ってしまう本。 このシリーズ集めたいな。 余白が多くて、文字がすぱーんと目に入ってくるのもいいなぁ。 愛犬ブイヨンくんの写真と語りかけの文章に和み、フクシマの問題に思いを馳せ、 飯テロなつややかなカレー…

酒井順子「ズルい言葉」

「負け犬の遠吠え」がベストセラーになったころ、あんまり流行ってるので手に取らなかった記憶。それからもエッセイ本が気になりつつスルーして早10年。 今では書いてあることの内容もうんうんうなずく勢いでわかる年になって、すごく近しい距離感で読めた。…

森博嗣「素直に生きる100の講義」

講談社文庫から出てるつぶやきシリーズと同じ。出版社は違うけど、延長線上にあるつくり。 目次を読めば、100の内容の見出しがついてるのでエッセンスがわかるのと、強調したい部分は太字になってるのでさらさら読める。 常識的なフレーズ(=考え方)に対す…

庄野雄治「誰もいない場所を探している」

徳島でアアルトコーヒーというお店を開かれている店主さんのエッセイ。 実はその昔、徳島の友人を訪ねたときに近くにあったので足を運んだことがある。 看板もなく住宅街にひっそりあるお店だった。佇まいに惹かれる人も多いだろうなと思った。 p.42 自分が…

北大路魯山人「魯山人の真髄」

文化人として有名なおじさま、というざっくりしたイメージだけでアラサーまで過ごしてきて、 さすがにどんな人なのか知っておこうという気持ちになって手に取った。 器や書画や美術館のあり方、食に至るまで徹底した美意識があることがひしひし伝わってくる…