BOOK&

小説、エッセイ、たまに哲学。マイペースに読み進めてます。

2019-01-14から1日間の記事一覧

遠藤周作「切支丹の里」

「沈黙」の関連本として借りてみました。 関連する短篇として「雲仙」や母の死を題材にした「母なるもの」も収められていた。 たまたま訪れた長崎の十六番館で、踏み絵を囲んでいる木に黒い足指の痕が残っているのを見たことが着想につながったようです。 踏…

酒井順子「男尊女子」

この表紙、妙に気になりません?? 男尊女子 作者: 酒井順子 出版社/メーカー: 集英社 発売日: 2017/05/26 メディア: 単行本(ソフトカバー) この商品を含むブログを見る めちゃくちゃ今さらだけど、「負け犬の遠吠え」も読みたくなってきた。 モテや専業主…

山内マリコ「買い物とわたし~お伊勢丹より愛を込めて」

ある程度ちゃんとした身なりが求められる年になった一方、センスは向上していないため、悩みながら生きています。 どんなものをいくらで買って、どうなった?ということが書かれているこの本は参考書でした。しかしカバン1万を高いと思う私は、このままブラ…

「シェフ」「スノーデン」

「シェフ」 シェフ 三ツ星フードトラック始めました (字幕版) 発売日: 2015/05/13 メディア: Prime Video この商品を含むブログ (2件) を見る 明るくてハッピー。出てくる人たちがみんないい人たちで、人間って優しくて愛にあふれてる存在だなぁって気持ちに…