BOOK&

小説、エッセイ、たまに哲学。マイペースに読み進めてます。

2017-04-22から1日間の記事一覧

オスカー・ワイルド「ドリアン・グレイの肖像」

まじめな小説でした。19世紀の小説とは思えないフレッシュさ。 もちろん、取り巻く景色はロンドンの社交界とか阿片窟とかで古いのだけどその心はほぼ現代人と同じ。 美貌の青年、ドリアン・グレイがヘンリー卿という年上の大人に感化されてどんどん悪い人間…

リチャード・パワーズ「幸福の遺伝子」

"彼女が幸せなのは遺伝子のせい?” 難民にも関わらず、どんな時でもポジティブで喜びにあふれたタッサ。 アメリカの大学で臨時講師として働くラッセルが目の当たりにする、 関わる人すべてに伝染していく幸せの驚異的なパワー。 ふとしたきっかけから、メデ…