BOOK&

小説、エッセイ、たまに哲学。マイペースに読み進めてます。

2017-03-04から1日間の記事一覧

大野更紗「困ってるひと」

大学院女子の難病エッセイ。なのに笑える。 元気な体がある以上、できることは日々後悔なくしてゆこうと強く思った。 大学院に進み、ミャンマーの難民問題について本格的に取り組もうとした矢先に免疫系の難病を突然発症。自身が難民化するということについ…

藤田晋 見城徹「憂鬱でなければ仕事じゃない」

幻冬舎社長の見城氏の言葉にサイバーエージェント社長の藤田氏が解説をつけるという形式。この解説のおかげで一般人のわたしにも見城氏の言わんとすることが理解できた。 仕事ばりばりしたい働き盛りの男性向けですね。 狙ったら逃がさない肉食獣のような姿…

遠藤周作「沈黙」

”最後の2行のためにこの小説はある” と、知り合いの方から激しくすすめられ手に取った。 映画化のタイミングで品薄につき、書店をはしごして見つけた。 「強い者より弱い者が苦しまなかったと誰が断言できよう」というロドリゴ司祭(比較的強いサイド)と弱…

角田光代「紙の月」

おもしろかった。 わかば銀行の支店で契約社員の女性が約1億円を横領。 というニュースが出て、当の梅澤梨花は行方不明。 社会を騒がせる横領事件と人のお金を自分の口座に移す自然さとのギャップ。 大学生の光太と出会ってしまったことで、横領に手を染めて…

瀧本哲史「僕は君たちに武器を配りたい」

帯に「20代が生き残るための思考法!!」とあって、 先日30代入りしたことから一瞬迷ったけど読んでみた。 橘玲っぽくダークな真実を暴く書かと思ったら全然そんなことなく、率直に資本主義の暗黙のルールを語ったものだった。何歳でも読んで損はないと思う…

原研哉「デザインのめざめ」

短いながら深い見識に裏打ちされていて、ミニマリズムを地でいくエッセイ集。 デザイン考察に興味がある方には同じく原研哉さんの「デザインのデザイン」もおすすめです。 以下、印象に残ったもの。 「割れしいたけの実力」 無印良品がプロ野球チームを持つ…

綿矢りさ「夢を与える」

すとんと足を踏み外したかのようなターニングポイントが ぱっと見、健全そうなこの小説にも用意されていた。 綿矢りささん、ほんとうまい。起承転結の"転結"の曲がり方がすごい。 芸能界に身を置きながら変に染まることなく、周りの大人やマネージャーでもあ…