BOOK&

小説、エッセイ、たまに哲学。マイペースに読み進めてます。

2017-02-12から1日間の記事一覧

「恋の聖地―そこは最後の恋に出会う場所」

なんとはなしに甘い小説が読みたくて衝動買い。 全国各地にある「恋人の聖地」を舞台にしているらしい。 窪美澄「たゆたう ひかり」は、親も病気になってしまう年頃になったんだなぁとしんみり。淡い恋もほのかに発光して救いに。 三浦しをん「聖域の火」は…

ベン・ホロウィッツ「HARD THINGS」

CEOって何て大変なんだろうという月並みな感想と、ただ会社に文句を言える立場というのは気楽なことなんだと気づける本。 ホロウィッツ自身が直面した困難(HARD THINGS)を語る本。起業家、CEOを経て現在はシリコンバレー拠点のベンチャーキャピタルを運営…

冲方丁「天地明察」

読み応えのある時代小説で、本屋大賞受賞作(2010年)、さすが。 碁打ちにして暦法家の渋川春海の人生を丁寧に追ったお話。 情熱大陸の取材のような密着度でドキュメンタリーを長回しで見ている感覚だった。 日本独自の暦が生まれるまでを江戸幕府の勢力図と…