BOOK&

小説、エッセイ、たまに哲学。マイペースに読み進めてます。

2017-01-03から1日間の記事一覧

綿矢りさ「しょうがの味は熱い」

・でも愛と相性は別なのかもしれません。 ・ほんとに合っている二人ならもっと、自然に、とてもスムーズに、結婚まで至るものなんだ。 いや、もうこれに尽きる小説だった。 2行目はお父さんの怒りコメントの一部なんだけどもう的を射すぎていて、うんうんと…

原田マハ「独立記念日」

昨日までの私にサヨナラできる一冊 24のお話が入っている短編集。 ほっこりからシリアスまで。 タイトルの可愛さで油断して読むと、危険。 「月とパンケーキ」でいきなり切ない。 切ない方が幸せ一色より話を覚えていられるのがふしぎ。 独立っていうのは自…

原田マハ「本日は、お日柄もよく」

OLニノ宮こと葉がスピーチライターとして一人前になっていく奮闘記。 恋すれどもそれも仕事の燃料にしつつ、という仕事純度100%なストーリー。 タイトルからウェディングが中心かなって勝手に思い込んで買ったので、事前イメージとは違った。こと葉に任され…

東野圭吾「容疑者Xの献身」

直木賞受賞作。 黒一色の背景に一輪の赤いバラ、読み終えた後にふと見ると読後感とすっと重なって切なくなった。 狭い範囲の人間関係が舞台なのに、誰もが思っていた行き先と違う線路にいつの間にか切り替わっている。トリックのスリルが秀逸。2時間ドラマの…

瀧本哲史「武器としての交渉思考」

めずらしく真面目に、仕事関係での解決のヒントを求めて手に取った。 答えは4時間目、「交渉の争点」を図にして、アパレルのマーケティングを例にとって解説されていた。お願いごり押しだけでは話が前に先に進まない現実に、少し光を。 「交渉」なんて論理立…