BOOK&

小説、エッセイ、たまに哲学。マイペースに読み進めてます。

奥多摩サイクリング

先日、奥多摩に行ってきました。

晴れた空の下、緑まぶしく気持ちいい~。

まだ桜も少し残ってました。

f:id:jelly-in-the-merrygoround00:20180413105906j:plain

自転車だと体動かせるのと行動範囲も広がるかもと期待して、サイクリングにしました。朝起きて天気を見てからにしようと思っていたので、駅のホームでトレックリングさんに予約の電話。まだ在庫があってよかった。

 

自転車についても山についてもど素人なので、お店の方にコース・車種を相談しておすすめをそのまま採用しました。

 

私は迷わず電動アシスト・パナソニックのLittle Bee、

夫はマウンテンバイク(初級者向け)を選んでおりました。

 

14時~17時の3時間で山を往復してきました。遅めのスタートで最後慌てた。

桜が終わって新緑の季節に入るので、これから人が増えてくるみたい。

4月初旬はまだ少し肌寒かった。

trekkling.jp

続きを読む

ホットヨガLAVAに通い始めた

  • 手ぶら体験
  • 通い放題に入会
  • レッスンの雰囲気
  • ヨガプログラム別の感想

 f:id:jelly-in-the-merrygoround00:20180413101120j:plain

こんにちは。

このたび、3月末で勤めていた会社をやめて、自由な身の上となりました。

ひと休みしたら、また仕事を探そうと思ってます。

f:id:jelly-in-the-merrygoround00:20180413085957j:plain

というわけで、ホットヨガに通い始めました。

歩く以外の運動を全くしてこなかったので、この機会に体を動かしてみようと思ったのでした。

続きを読む

服部みれい「あたらしい自分になる」ほか

 

f:id:jelly-in-the-merrygoround00:20180402181843j:plain

 

あたらしい、っていう言葉がこの時期にぴったりなのでご紹介します。

もともと読書会で同い年の女の子が紹介していたのがきっかけで知りました。

 

服部みれいさんは江國香織さん以上に女性向けだと思う。

それくらい女性ならではのからだ・こころの問題にフォーカスしてる記事が多い。

白湯、アーユルヴェーダ、瞑想、ハワイのホ・オポノポノetc

 

ホ・オポノポノまでまだ信じきれないっていうとこはあるけど、無意識への働きかけなのかなーと思う。

 

www.motivation-up.com

 

ちなみに、月経カップをネットで買ってみた(まだ使ってないよ)

 

続きを読む

ハイデガー「存在と時間」

  • はじめに
  •  訳書と解説本の紹介
  •  ハイデガー略歴
    • 現存在とは?ー本来性・非本来性
    • 非本来性 とは?
    • 本来性とは?ー死に臨む存在である自覚
  • 感想

 

はじめに

存在と時間」はどうやら未完みたいです。そして存在についての記述がメインで時間についてはこれから触れていこう、というあたりで終わってしまった。

書いてあることも、時間については「ふーむ」というくらいでびびっとくる部分が少なく自分の理解も及んでいない点が多いと思うので、「存在」中心にまとめています。

かなり難解な表現も多く、すべてを理解できたとは言えません。あくまで現時点で理解でき、かつ取り入れていきたいと思ったことを書いています。

 訳書と解説本の紹介

 アマゾンのレビューが良かったので、ちくま学芸文庫の上下巻にしました。

哲学書なのでちょっと高いけど、内容を考えると安いのかなとも。

 

マルティンハイデッガー存在と時間

存在と時間〈上〉 (ちくま学芸文庫)

存在と時間〈上〉 (ちくま学芸文庫)

 

 

 

竹田青嗣「完全解読 フッサール現象学の理念』」

完全解読 フッサール『現象学の理念』 (講談社選書メチエ)

完全解読 フッサール『現象学の理念』 (講談社選書メチエ)

 

 

師であるフッサール現象学について知ろうと思ってカントに続いて、竹田先生の本を読みました。思いのほか簡単かつあっさりした解説で、wiki読むだけで十分だったんじゃ・・・・と思う内容だった。カントの解説本はすごくよかったので期待値が高かったのか。

 

続いてハイデガーの解説本

 その①

ポール・ストラザーン「90分でわかるハイデガー

90分でわかるハイデガー (90分でわかるシリーズ)

90分でわかるハイデガー (90分でわかるシリーズ)

 

 

タイトルそのままで、わかりやすい。さっと読める入門オブ入門。

これで興味が出たのでもう少し詳しい新書へ。

 

 その②

轟孝夫「ハイデガー存在と時間』入門」

ハイデガー『存在と時間』入門 (講談社現代新書)

ハイデガー『存在と時間』入門 (講談社現代新書)

 

 

これはすごいよかった!十分大枠は理解できて、賢くなった気もした。

ちくま文庫を手に取ったのは、個人的に解説本だけ読んでる姿勢じゃダメだなと思っただけ。

 

続きを読む

カント「純粋理性批判」

  • なぜ手にとったのか?
  • さっそく解説本 竹田青嗣「カント『純粋理性批判』」
  • 3つの認識分類
  • 現象とは?
    • 神はいるのか?
  • 定言命法へのつながり
  •  感想まとめ
    •  

なぜ手にとったのか?

入門書を読んでいて、ハイデガーの考え方は新しくて実践的と思ったことがきっかけです。そう、根気がまったくなく、わからない箇所は飛ばす読書を行っているため、哲学に関しては入門向けの本ばかり読んでました。

いきなり「存在と時間」を読んでも、理解できないと思い、西洋哲学のにわか学習を行うことに。年末暇だったのもあり。

 

解説書をまじえつつ、3か月くらいかけてカント→フッサールハイデガーニーチェの順番で読了。今のところ、ハイデガーを超えて、ニーチェへの共感が圧倒的なのでまたアップしていきます。

面白いと思ったことを中心に書いていくので、専門的な内容を求めている方には物足りない内容かと思われますのでご了承ください。

さっそく解説本 竹田青嗣「カント『純粋理性批判』」

純粋理性批判

とても原書では読めないと思ったので、解説本に頼り竹田青嗣「カント『純粋理性批判』」をアマゾンにて買ってみた。

完全解読 カント『純粋理性批判』 (講談社選書メチエ)

完全解読 カント『純粋理性批判』 (講談社選書メチエ)

 

 

続きを読む

紅葉狩り

ふとフォルダを見返していたら去年の紅葉の写真を見つけた。

11月中旬 の奥多摩

 

JP中央線の御嶽駅で降りて、川沿いに沢井駅まで向かってウォーキング

 

それにしても一年早すぎる。

 

f:id:jelly-in-the-merrygoround00:20171209135634j:plain

 

イチョウの金色も美しかった。

 

 

続きを読む

森沢明夫「エミリの小さな包丁」

やっぱり森沢さんの描く海のある景色がたまらなく好き。

 

房総の潮風の香りがする夏休みやリンと鳴る縁側の風鈴。

子どもの頃の夏休みと違うのは、都会から逃げてきたということ。

 

おじいちゃんの作る料理を口にするたび、エミリの内側が穏やかになっていくのがわかって、こっちもほっこり。不器用でも恥をかいてもいいよ、って言ってくれてるような森沢さんの世界がとにかく好きです。

 

出てくる地名の龍浦って勝浦が舞台なのかな?

 

エミリの小さな包丁
エミリの小さな包丁
posted with amazlet at 17.12.07
森沢 明夫
KADOKAWA/角川書店 (2016-04-27)
売り上げランキング: 252,744