tunamayoの日記

小説、エッセイ、経済書を中心に日々こつこつ。積読との戦い。

ジェイムズ・P・ホーガン「星を継ぐもの」

 

ハードSFの巨星が一世を風靡した歴史的傑作。星雲賞受賞。

月面調査隊が真紅の宇宙服をまとった死体を発見した。すぐさま地球の研究室で綿密な調査が行なわれた結果、驚くべき事実が明らかになった。死体はどの月面基地の所属でもなく、世界のいかなる人間でもない。ほとんど現代人と同じ生物であるにもかかわらず、5万年以上も前に死んでいたのだ。謎は謎を呼び、一つの疑問が解決すると、何倍もの疑問が生まれてくる。やがて木星の衛星ガニメデで地球のものではない宇宙船の残骸が発見されたが……。

 

 

星を継ぐもの (創元SF文庫)
東京創元社 (2014-12-12)
売り上げランキング: 1,370

 これがハードSFなるものかと理解。wikiで調べたところ、もともとハードSFありきのようです。天文学・物理学など論理的な知識の裏付けに基づいて展開していくもの。

ソフトSFはエンタメ寄りの「ドリームバスター」とか?

 

宇宙を旅するでもなく、ハント博士とダンチェッカー(生物学者)を始めとする各界の学者たちの議論と報告で人類の起源を解き明かす。頭使った。。糖分欲しくなる系文学。

 

木星の衛星ガニメデと月の死体、人類の進化のミッシングリンクの3つがすっとつながったとき、幕引き。1回目で理解できなかったのでもういっかい要所をじっくり読み直した。SFほとんど読んだことないので、昔の本ながら新鮮でした。

 

梟書茶房さんにてタイトル・作者などわからないシークレットブックで買ったのですが出会えてよかったです。自分からは手に取らなかったと思う。

森沢明夫「きらきら眼鏡」

草食系男子のモテ方を地でいく主人公でした。

心に傷があるから周りのことによく気づける。とにかく優しい。これは惚れる。

 

都内で営業として働く明海くんが古本屋さんで1冊の本を買ったところ、「大滝あかね」という名刺が挟まっていて・・・・。

 

ボーイミーツガール。あかねさんにはある事情があって、明海くんはあかねさんに告白もできないまま距離だけが縮まっていく切なさ。西船橋住みという共通点、コーラがツールになるという驚き、名前の由来につながる明海くんの地元へのドライブ。

タイトルの由来はすぐ明かされるので、ここでは触れずとします。

 

しかし、あかねさんの振る舞いは友情にしては一線を越えてるような。こんな状況でドライブいいのか。。同性の目から見ると、魔性だなぁという気もした。笑顔がペコちゃんみたいで、ときどきか弱いなんて反則だ。

 

 

きらきら眼鏡
きらきら眼鏡
posted with amazlet at 17.10.08
森沢 明夫
双葉社
売り上げランキング: 77,213

角野栄子「魔女の宅急便」

おひさしぶりです。

過ごしやすい季節になって、読書モード全開です。

寒くなる前にたくさん読みたいところです。

 

今日は、あのジブリ映画原作「魔女の宅急便」について書きます。

心があたたかくなる物語で、秋にぴったり。

全6巻あることにまずびっくり。伝記みたいです。

 

キキが13歳から20歳、それからまた時間が流れてお母さんになるまで。

親と離れて知らない街で学校にも行かず、住む場所を見つけ、ひとり立ちして、恋をしてってすごい。

宅急便の仕事ではお金もらわないって初めて知った。"おすそ分け"という形で代価を何かもらう。魔女はひとつの街にひとりという決まりで、その役割は目に見えない力をみんなが忘れないようにするため、ということみたいです。

 

角川文庫の表紙はどう見ても中高生向けで手に取りづらかったけど、最後まで読み切ってよかった。正直、1巻の魔女デビュー(ジブリ映画の部分)から5巻まではエピソードの積み重ねで大きな変化はないけど、6巻でキキの双子の子どもたちが「魔法」というものに体ごと向き合うのに泣けた。お母さんのコキリさん、お父さんのオキノさんも年を重ねていて、しみじみ。

 

 

新装版 魔女の宅急便 全6冊合本版 (角川文庫)

 

 

有川浩「ラブコメ今昔」

自衛隊もの短編集。

図書館戦争シリーズを読んでいたので特に違和感なく、特殊な設定には入っていけた。

それと昔、自衛隊の人と付き合っていたのでリアリティーというか懐かしいなぁという感覚を覚えた。

任務に出るたび、たとえ練習であっても死を覚悟していること(遺書を残しているらしい)や年齢でなく階級による上下関係(防衛大卒、幹部候補生、高卒で叩き上げetc)

「レインツリーの国」を読んだ時も思ったけど、有村浩さんの取材力がほんとすごいし、それをベースにフィクションでこんなにときめかせてくれることに感謝。

 

「ダンディ・ライオン」にはひさしぶりにキュンキュン。

階級差と年齢差というふたつの要素の組み合わせは反則や。ときめく。

一番最初の「ラブコメ今昔」の裏ストーリーになってるので、最後におまけがついていたような喜び。そんな出会いをしていたのー!!という、びっくり。

 

 

ラブコメ今昔 (角川文庫)
有川 浩
角川書店(角川グループパブリッシング) (2012-06-22)
売り上げランキング: 22,538

 

カズオ・イシグロ「夜想曲集」

うーん、微妙でした。

もっと大人になってバーでウィスキーを傾けるような年齢になればわかるのかもしれない憂愁。

5つの短編が収められていて、どれももやもや。

「老歌手」でアメリカの有名な歌手とその妻との一幕をベネチアの運河で手助けするギタリスト。その妻が出てくる「夜想曲集」では、周囲からのすすめで整形手術を受けたサックス奏者が巻き込まれるいたずらを超えたトラブル。

こう書くと起伏に富んだストーリーなんですが、憂いと絶望が薄いカーテンのようにかかっていて、全然ときめかない。それを意図した作品なのだから、読んで文句を言う方に非がある気がした。

 

夜想曲集: 音楽と夕暮れをめぐる五つの物語 (ハヤカワepi文庫)
カズオ イシグロ
早川書房
売り上げランキング: 78,882

よしもとばなな「王国」その1~3

その1 アンドロメダ・ハイツ

その2 痛み、失われたものの影、そして魔法

その3 ひみつの花園

 

山から降りてきた18歳の雫石、占い師で生計を立てる楓、サポート役のゲイの恋人片岡さん、植物男子真一郎くん、おばあちゃん、ときどきほかの人たち

 

互いの関係はちょっと世間と違っても醸されるあたたかい関係はとても居心地がよくて1日1冊読み進めてあっという間に出口へ。

その3では、雫石の恋にかげりが見えはじめるも、さっと清める不思議な力もちゃんと配置してくれてるからトーンとしては健やか。ひと休みしたり、山奥で深呼吸したり、ハーブティー飲んだりしたくなる、自然回帰小説。

 

すっと納得できた、楓の言葉。

「あのね、人が出会うときにはどうして出会ったかっていう意味があって、出会ったときに秘められていた約束っていうのが終わってしまうと、もうどうやってもいっしょにいられないんだよ」

 

王国〈その1〉アンドロメダ・ハイツ (新潮文庫)
よしもと ばなな
新潮社
売り上げランキング: 310,568

有川浩「レインツリーの国」

白い空にクリーム色の紙飛行機の表紙。

 

この写真がとってもしっくりくる始まり方。

ふと飛ばしてみた手紙から始まる小さな恋の物語。

 

上京3年目、こてこての関西人伸行は、中学生の時に読んだラノベの感想を何の気なしに検索した。たどり着いたのが「レインツリーの国」というブログ。

自分と違う感想を持つ、管理人ひとみさんに勢いでメールしてみたところ、まさかの好感触、本を巡る話でどんどん盛り上がって、デートにこぎつける。ハンドルネームは伸。

 

会ってみると、会話がところどころかみ合わず、リードをがんばっていた伸にとって我慢の限界なる出来事が起こり…。ここから先はネタバレになってしまうので。

実際はネットで会った人とここまでつながろうとする人ってきっといないし、ひとみさんの抱えるある"問題"に正面から向き合う強さがある人も少なくて。

伸の人間力すげえ。っていう本題と違う感想が圧倒的でした。

有川作品は糖分を求めてときどき無性に読みたくなるけれど、こちらはカロリーオフのラテといったところでした。

 

レインツリーの国 (新潮文庫)
有川 浩
新潮社
売り上げランキング: 11,638